神秘の湖- Lake of Shikaribetsu -

然別湖とその歴史

然別湖は、北海道の中心、大雪山国立公園の南にある唯一の自然湖です。周辺は白雲山、天望山(くちびる山)南ペトウトルなど1,000m級の山々に囲まれ、今なお残る未開発の森が湖の波打ち際まで広がります。その誕生は、2万年以上昔に周囲の山々が噴火した際に川がせき止められてできたものと考えられており、現在でも白雲山頂上付近をはじめとする然別湖の各所で火山噴火のなごりを発見することができます。

気候

標高約800mと北海道で一番高いところに位置する自然湖であり「冬の凍結が最も早く、解氷は最も遅い」といわれています。

湖が凍りはじめるのは12月中旬、完全に凍結するのは1月で、11月中旬から5月中旬まで約半年間に渡り、雪と氷に覆われます。

また、夏の気温は朝晩10度近くに下がることがある一方で、日中の最高気温が30度近くに達する日もあります。反面、冬はマイナス30度以下という日もあり、1年の寒暖差が60度以上を記録するという想像以上の厳しい自然環境下にあります。

生息する動植物

生息する動植物

然別湖を取り囲む森は、厳冬地区のこうした気象条件下でも生存が可能なエゾマツやトドマツ、ダケカンバなどの樹木を中心に形成されています。

そしてこの森には、日本最大のキツツキであるクマゲラをはじめ、ナキウサギ、シマフクロウ、オジロワシ、エゾシカ、キタキツネ、エゾクロテン、エゾリス、モモンガなどたくさんの動物たちが暮らしています。湖の北側から澄んだ水を供給し続ける清流・ヤンベツ川は、ミヤベイワナやサクラマス、ニジマス、ワカサギにとっての貴重な産卵の場。

特に然別湖にのみ生息するオショロコマの亜種「ミヤベイワナ」は湖とそこに流入する河川を生息地として独自の進化を遂げた固有種で、現在まで大切に保護され続けてきました。

大地の力がみなぎる場所然別湖

豊かな自然に囲まれた然別湖は北海道のほぼ中心に位置します。いつの頃からかパワースポットと呼ばれ、湖の中心には弁財天を祀った弁天島を浮かべます。
少し歩き出せば豊かな自然があり、森の木々のエネルギーを吸収でき、癒しなどの効果があります。
ゆっくりと歩き、森の香り、風の歌、湖の音色、山の静寂、空の彩
森や然別湖を五感で感じ自然のエネルギーを吸収してください。

  • 然別湖01
  • 然別湖02
  • 然別湖で遊ぶ
  • オンラインショップ
  • 写真ギャラリー

空室検索

当旅館の空室状況を確認できます。日付を選んで「確認する」ボタンをクリックしてください。

ご宿泊予定日