GWに北海道旅行!服装はどんな感じが良い?

投稿日
2017.04.09
カテゴリ
NEWS

 毎年たくさんのお問合せを頂いております、GW時期の服装についてアドバイスさせて頂きます。

北海道は広いので訪れる場所によっても多少違いはありますが、一言で言うと

「備えあれば憂いなし」です。とは言っても旅の荷物は軽いほうが良いですよね?

そこで・・・。

基本的には日中は15℃くらいで長袖のシャツでも十分です。気をつけなければいけないのは日陰だったり、風ですね。直射日光に当たるところであればポカポカ陽気かもしれませんが、太陽がなくなると一気に寒くなります。なおさら日没後は10℃以下になるので、長袖シャツでは不十分。

そこでおススメなのがヒートテック効果があるインナーシャツを着てくると通気性も良いので日向でも日陰でも快適です。ストールも合ったほうが便利です。風が冷たいと鼻元まで隠せますし、温かければ緩く首元に巻けます。以上は日中の対策です。

では夜間はというと、夜に外に出る方であればジャケット、ウィンドブレーカーは必須です。薄手のダウンジャケットでもいいくらいです。コンパクトに収まるのはクルクルとポーチに入るダウンジャケットでしょう。飛行機の方は帰るとき機内でちゃちゃっとできるので到着しても違和感はないですね。

キーワード #ヒートテック #薄手ダウンジャケット #ストール

ということでポイントは「多少の我慢で乗り越えられる服装をコンパクトに持ってくる」ですかね?

レンタカーで旅行される方は車中は非常に暑いと思いますので、アウターは車から降りるときに着る。車に乗るときは脱いでから乗ることが良いでしょう。

夏タイヤでの走行は大丈夫?という問い合わせも多いです。これも基本的には大丈夫ですが、天候により標高が高いところ(三国峠、狩勝峠)など毎年GWに雪が降るという実績があります。日程が近づきましたら現地の天気情報を確認してください。

少しは参考になれば嬉しいです♪